マンガでよくわかる 教える技術 /石田 淳  (著)

511ycqo1IzL._SL250_

著書は、部下や後輩の育成に悩む多くの方々から支持された『教える技術』の漫画版です。

行動科学を使ってできる人が育つ!教える技術

 

漫画版で物語を通して、教える技術を学べるため、わかりやすく、理解しやすい内容になっていました。

今回は漫画を通して、運営者が心に残ったことを記します。


PR

「行動」を変えれば必ず「結果」も変わる!!

著書には、

「物事の成果は、すべての人の『行動』の積み重ねによって成り立っている」

と書かれています。

ですので、

「注目すべきは『結果』ではなく『行動』なのです」

売上が上がらない!!

結果が出ない!!

と結果だけに注目していても何も変わりません。

どんな行動をしているのか?成果につながる行動を具体的に教えて実践させる。

正しい行動ができていれば、結果は自然と出てくるものです。

指示や指導も具体的に表す!!

行動を具体的に言語化するとき、ぜひ参考にしていただきたいのが、行動分析学の世界で「行動」を定義するときに用いられている「MORSの法則」です。

MORSの法則とは

Measured 計測できる(=数値化できるという意味)

Observable 観察できる(=誰が見ても、どんな行動をしているのかわかる)

Reliable 信頼できる(=どんな人が見ても、それが同じ行動だと認識できる)

Specific 明確化されている(=何をどうするかが明確になっている)

この4つの条件を満たしていないものは「行動」とは呼べないといわれています。

曖昧にせず具体的にしていくことが大事なのです。

他にも教える技術が色々とつまっている著書、かなり勉強になります。

オススメの一冊。

マンガでよくわかる 教える技術

 


PR