ホリエモンチャンネルQ&A vol.45〜人材難により売上低迷、状況打破法とは!?〜

mqdefault (3)

質問

「はじめまして。静岡で美容室を経営して4年になりますが、同業者の同志には恵まれていますが、肝心な自店の人材にはなかなか恵まれず、売上も損益分岐を横ばいが続いています。

生活費で少しづつ運転資金も目減りしている感じなのですが、店を畳むにも、借金が2000万ほどまだ残っている状態ですが、堀江さんなら、状況打破を考えますか?

1何か策を打つ

2とっとと畳んで別のビジネスで一念発起

1に関しては、この4年間色々試してきてはいるつもりですが、大当たりした!というレベルまでは結果が伴っていない、

人材難により、予約を受けれなくてドブに捨てている現状です。かといって、平日は閑古鳥の日もあるので思い切った人材補給も踏み切れない現状です。」

という質問でした。


PR

ゲストは!?

アイスマン福留さんです。

Amazonでもアイスは買える時代という話に。

実際に調べてみると売ってました。

質問の答え

「大赤字という状況でないのなら、ちょっとした改善策で好転することはあり得ますね。

例えば平日対策でマッサージサロンをやりたい人に昼間だけ貸してみるとか間借りさせるとか。

あるいは予約枠をGoogle Calendarとかで公開にして空き枠を安く予約できるようにするとか。」

という答えでした。

ヘッドスパできる美容室もあるとのこと。

髪を切るだけでなく、他のこと(マッサージ、エステ)を組み合わせたサービスを提供することで差別化になるかもしれないですね。

 

 

 


PR