チームのリーダー、プロジェクトのリーダー、何しかしらリーダーとして活躍されている方に、
是非読んでいただきたい一冊。

松下幸之助さんの著書。
松下幸之助さんの語り口調がそのまま表されていて、
松下幸之助さんが隣にいて授業を受けている感覚になる本です。


PR

「リーダーたるもの、またリーダーを目指す人たちは、みずからの軸足を固め、
眼前の目標に全精力を傾けていく覚悟が必要とされる時代」

 

そのような時代を勝ち進むためのエッセンスが散りばめられている一冊。
印象的な言葉は、

「いやだな、つらいなと思っても、やらなければならないことがある。
その、いわば「修行」を捨ててしまうのは、みずから「宝」を捨てることになる。」

いやだから辞める。
もちろん辞めることはダメではない。

しかし立ち止まって考える必要があるのではないでしょうか。
本当に辞めていいのか。
自分にとって必要なものではないのか。

やらなければならないことならば、やはり捨ててはいけないのです。
修行を捨てるのは宝を捨てるという言葉に感銘を受けました。

心に響く内容の一冊です。
オススメです。

 

リーダーになる人に知っておいてほしいこと

 

 

 


PR