25年間で3000人の営業プロフェッショナルを育ててきたNo.1マネジャーである早川勝さんの著書、

なぜ人はついてこないのか。
なぜ、いうことを聞いてくれないのか。チームの結束力がない。
マネジメントとは何なのか。
リーダーとして、現場で活躍されている方に勇気を与える一冊です。


PR

経験、体験を元に、そして結果を出してきた方だからこそ、心に響くメッセージが多く含まれています。

印象的な言葉は、

「常に謙虚でいること。
たかが取締役、たかが部長、たかが課長、所詮はたかがリーダーなのである。
偉くもなんともない。
役職というのは、単なる役割分担なのだ。
それぞれの立場で担っている役割と責任は違うが、それを互いにフラットな協力関係のもとで果たしていけばいい。」

 

役職がつくと偉くなったと思いがちです。
しかし、役割が変わっただけ。
常に謙虚で、どうしたら、チームがよくなるのか。
どうしたら成長できる組織になるのかを考え続けることが必要。
そして、自らが率先して働き続けること。

リーダーとは何かを色々と考えさせられる内容です。

死ぬ気で働くリーダーにだけ人はついてくる


PR