トヨタの裏側を知りたいなら!!『トヨトミの野望』がオススメ!

 


PR

 

昨年10月に発売されて話題になっている『トヨトミの野望』をようやく読むことが出来ました。

知人からも勧められており、遂に読了しました。

久しぶりにかなりハマってしまいました。運営者かなりのオススメです。

内容紹介

創業家VS.左遷サラリーマン! 日本の救世主は、ハズレ社員だった。気鋭の経済記者が覆面作家となって挑む日本最大のタブー「27兆円企業」に迫る! 「失われた20年を、高度成長期並みに駆け、世界一となったあのトヨトミ自動車が潰れるときは、日本が終わるとき。日本経済最後の砦・巨大自動車企業の真実を伝えたいから、私は、ノンフィクションではなく、小説を書きました」(梶山三郎)

情報源: トヨトミの野望 小説・巨大自動車企業 | 梶山 三郎 |本 | 通販 | Amazon

作者はペンネーム

実在の人物には名前はなっていますが、実際に起きた出来事や裏側が明かされています。

作者もペンネームという所が面白いです。

潰される覚悟の内容です。

武田の男気がかっこよすぎる!!

主人公である武田社長がかっこよすぎます。

大胆かつ、緻密な決断力により、トヨタを伸ばします!

統一社長の心も惹かれます

カリスマではない、トヨトミのジュニア。

素直に謝る姿勢。包み隠さず対応することが大事だと改めて感じました。

こんな人にオススメ

ビジネスマンの方。

トヨタを知りたい方。

若手の経営者の方。

経営者たるもの、46時中経営のことを考える。病気になるまで働く姿勢に感銘受けます。是非ご覧ください!!

トヨトミの野望 小説・巨大自動車企業


PR