ハリーポッターシリーズを久しぶりに読んでみたPart4『ハリーポッターと炎のゴブレット』編

 


PR

 

先日から、ハリポッターシリーズを読み直していますが、4巻目に突入しました。

前作

ハリーポッターシリーズを久しぶりに読んでみたPart1『ハリーポッターと賢者の石』編

ハリーポッターシリーズを久しぶりに読んでみたPart2『ハリーポッターと秘密の部屋』編

ハリーポッターシリーズを久しぶりに読んでみたPart3『ハリーポッターとアズカバンの囚人』編

4巻は『ハリーポッターと炎のゴブレット』です。

4巻あらすじ

クィディッチのワールドカップで、空に不吉な印が上がった。ヴォルデモートの復活か? 巧妙に仕組まれた罠が、ハリーを三大魔法学校対抗試合の選手に選ぶ。死を招く難題を、次々と乗り越えるハリー。しかし、親友のロンに異変が起こる。寂しいハリーの心を掴んだ女性は? 多彩な登場人物が、ハリーの過去を明かし、ヴォルデモートの正体にせまる。そしてついに痛ましい犠牲者が……。

情報源: Amazon.co.jp: ハリー・ポッターと炎のゴブレット – Harry Potter and the Goblet of Fire (ハリー・ポッターシリーズ) 電子書籍: J.K. Rowling, Yuko Matsuoka: Kindleストア

 

ついにヴォルデモードが復活

ついに復活してしまいます。

そして、3代魔法学校対抗試合に優勝したかと思いきや、死とめぐり合わせしまう。

今回も、ハリーたちが成長していく過程はとても楽しいです。

しかしながら、今回初めて、ハリーと親友のロンが喧嘩していまいます。

ハリーの仲間はハーマイオニーだけ。

色々な人に非難を浴びせられるのはとても可愛そうです。

 

映画予告動画

 


ハリー・ポッターと炎のゴブレット


PR