映画『海賊とよばれた男』感想まとめ

 


PR

 

12月10日から公開されている『海賊とよばれた男』、第10回本屋大賞を受賞した百田尚樹のベストセラー小説を、『永遠の0』の監督&主演コンビ、山崎貴と岡田准一のタッグで実写映画化されました。

岡田准一インタビュー

自分自身に飽きたくない 最新主演作『海賊とよばれた男』で岡田准一が演じるのは、激動の時代にエネルギー事業で一世一代のチャレンジをした実在の男をモデルにした国岡鐡造。

情報源: 『海賊とよばれた男』岡田准一インタビュー – シネマトゥデイ

『海賊とよばれた男』吉岡秀隆&染谷将太&山崎貴監督 単独インタビュー

主演の岡田准一を支えたのは『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズの吉岡秀隆と『寄生獣』の染谷将太。岡田とともに「山崎組アべンジャーズ」と呼ばれた二人が山崎貴監督と「部活だった」という現場を振り返る。

情報源: 『海賊とよばれた男』吉岡秀隆&染谷将太&山崎貴監督 単独インタビュー – シネマトゥデイ

感想まとめ

 

 

運営者感想

とにかく国岡鐡造が熱い!

店員思いで情熱的な姿勢は経営者の方には是非見て頂きたい心です。

とにかく諦めない姿勢が大切だと、改めて思いました。

映画では、前妻以外の家族はほぼ出演せず。

上手く編集されていました!

小説は読んでいないので、読んでから、また観たいと思います!

 



PR