サイバーエージェント初の女性執行役員の横山祐果さんの著書。

「ゲームについては『全くのド素人』だった“フツーの女子社員”が
ゲームプロデューサーになり、わずか29歳で会社初の女性執行役員に―」
そんな「ウソのようなホントの話」。

(引用:AMAZON )

著書は、どのようにゲームができたかなど、ゲーム作りの裏側や、想い、そして横山さんが今までどのように仕事してきたかが描かれています。


PR

ヒットさせたゲームは、「ガールフレンド(仮)」です。

このゲーム好きな方には是非読んでいただきたいかなと思います。

「ガールフレンド(仮)」とは

カードゲーム。

気に入った女子高生と一緒にバトルゲームをしていくようです。

音声付ということが新規性がありヒットしたみたいです。

 

 

こんなCMやってましたね。

横山祐果さんの凄さ

とにかく巻き込み力が凄いなと感じました。

素人と達人、その両者が距離を縮めるためには、質問するのが一番です。一度や二度であれば、自分の得意分野について頼られて質問されて、いやな気持ちになる人はまずいません。

喜んで教えてくれることがほとんどです。

ゲーム業界にまったく素人であった横山さん。わからないことをとにかく素直に聞き、どんどん人を巻き込んでいきました。

素直に質問することがとっても大切だなと感じました。

お願い上手な横山さん、頼むときに気を付けることは

何かを頼む時は、まず相手を知ること。そしてその人のペースにあった仕事をお願いする。これも「お願い上手」の極意です。

とのこと。

相手をよくみて、依頼する。やはり自分勝手なことしては相手も動かないのではないでしょうか。

著者プロフィール

横山祐果

慶應義塾大学を卒業後、2008年新卒入社。

「Ameba」プラットフォームの運営チームを経て、モバイルゲームのプロデューサーに。

「私のホストちゃん」「ガールフレンド(仮)」などをプロデュースし、2014年10月にはサイバーエージェント初の女性執行役員に就任。

女性の経営参画などのプロジェクトにも取り組む。

引用:サイバーエージェントHP

9600_ext_09_0 (1)

きれいな方です。

こんな上司だと男性だとやる気でそうですね。

著書は新入社員や、働く女性の方、こっからどのように働けば上手く仕事をしていけるのかの参考になると思います。

 


フツーの女子社員が29歳で執行役員になるまで(仮

 

 


PR