著書は「次の10年にプロフェッショナルであり続けていくために必要な力」といわれるクリティカル・シンキングの教科書です。

クリティカル・シンキングとは『「目指すもの」を達成するための思考』ツールです。


PR

クリティカル・シンキングを使えるようになると
著書では、

「素早く結論を出すことができる」
「経験値のない事柄でも判断できる」
「判断の根拠を説明できる」

ようになると書かれています。

はじめてのことや、なかなか結論がでないこと、「根拠を説明しなさい!」といわれた時などにクリティカルシンキングは力を発揮するのです。
クリティカル・シンキング使えれるようになればプロフェッショナルの道が開けるのです。

ここで少しクリティカル・シンキングのチェックする項目を紹介します。

「目指すものは何か?」
「今と目指す姿のギャップは?」
「ギャップを埋めるための具体的な施策は何か?」

以上のチェック項目をなんで?、本当に?、具体的には?の3つのポイントで考えていくことが必要なのです。

詳しくは著書で。
著書を読んで、プロフェッショナルを目指しましょう。


実践型クリティカルシンキング (21世紀スキル)

 

 


PR