堀江貴文のQ&A「マイナンバーは安全!?」〜vol.655〜

 

mqdefault (3)

 

 


PR

 

質問

「従業員が中小企業へマイナンバーを教えるリスクについての­質問です。

大企業に比べて中小企業ではマイナンバーの管理体制が不十分なところもある­と思います。(もちろんきちんと管理しているところもあると思いますが)。正直、情報­漏洩が心配です。

中小企業あたりだと勝手に人のマイナンバーを見れてしまうなんて会社­もありそうで怖いです(法律上ダメですが)。

たしかにたいした個人情報でもないのにマ­イナンバーなど気にしたって仕方ないと思うかもしれません。

しかし、起業して成功して­有名になるかもしれません。

そのとき、以前働いていた企業に保存してある私のマイナン­バーを見つけて、これあいつじゃね? といって悪用される可能性もなきにしもあらずだと思います。それに有名になってからで­は遅いと思います。

もちろん、企業側にも守秘義務があるのは知っています。それでも悪­用する人は悪用すると思います。心配しすぎなのはわかっているので、この心配を取り除­くような情報をください。」

という質問でした。

質問の答え

「まあ、ぶっちゃけ悪用されたとしても大した個人情報もないしダメージないでしょ(笑)。」

 

職場ではマイナンバーよりも重要な個人情報が!?

履歴書や身分証明書のコピーを提出しており、マイナンバーよりも重要な個人情報が扱われているという認識を持つ。

気にしなくても全然大丈夫。

 

マイナンバーの罰則は厳しい

 

マイナンバー制度の罰則は個人情報保護法よりも厳しい罰則が定められており、抑止力が働くのではないでしょうか。

個人番号利用事務等に従事する者が、正当な理由なく特定個人情報ファイルを提供した場合…

4年以下の懲役または200万円以下の罰金または併科という重い刑罰

また、マイナンバーの漏洩などに関し、以前の個人情報保護法とは比べものにならないほどの重い罰則が科せられることになりました。

・不正な利益を図る目的で個人番号を提供または盗用した場合、3年以下の懲役または150万円以下の罰金または併科

・情報提供ネットワークシステムの事務に従事する者が、情報提供ネットワークシステムに関する秘密を漏洩または盗用した場合、3年以下の懲役または150万円以下の罰金または併科

・人を欺き、人に暴行を加え、人を脅迫し、または、財物の窃取、施設への侵入等により個人番号を取得した場合には、3年以下の懲役または150万円以下の罰金

 

参考: マイナンバー制度の罰則をわかりやすく解説 | マイナンバーの基礎知識

 

以上のように、罰則が相当厳しいようです。

 

運営者まとめTweet

 

 

動画

 

2016/04/04 に公開

00:13 質問読み
03:05 回答
■前回動画(vol.654)はこちら→https://youtu.be/o-gGlptWghA
■DVDはこちら → http://horiemon.com/staff/12700/
■堀江貴文のオフィシャルチャンネル登録はこちら → http://goo.gl/xBEoj4
■堀江貴文メールマガジンの登録はこちら→http://horiemon.com/magazine/
■寺田有希オフィシャルサイトはこちら→http://yukiterada.com/
■東京倉庫チャンネルはこちら→http://www.youtube.com/user/TOKYOSOKO
■「Smart HR」→https://smarthr.jp/
■「株式会社KUFU」→http://kufuinc.com/


PR